いのちのお世話

遅い桜が咲いたと思ったら、方々いのちのお世話に走り回っているような日々。
寒くはないか、あつすぎないか、水は足りているか、苗も、動物も。
こちらが一方的にお世話していると思いがちだけれど
実はずいぶんお世話になっているのはこちらの方だったりもする。
バラの苗まわりは(鹿はバラの新芽が大好物だそう!)犬たちが熱心に
パトロールしてくれているし(実際に鹿を追ってくれている)
森の中では、バラ栽培の場所、小屋を建てる場所、馬たちがせっせと笹を食べて
私たちが入る場所を切り開いてくれる。

もちつもたれつ、みんなで農園をつくっています。

ゆきひかりの苗すくすく成長中
バラの谷のはじめの開拓は馬から
犬たち熱心にパトロール中

お問い合わせ

                       
農園や働く馬についての事、馬耕・馬搬ワークショップなどの出張依頼、取材依頼など、
お気軽にお問合せください。
「いつか馬と暮らしたい」「馬耕や馬搬がしてみたい」といった方への研修や体験の受け入れもしています。
こちらからご相談ください。