動物の住処のように

オシアンクルへ

あなたの息づかいを感じながら、バラを植えたり、
種をまいたりしています。

水が留まるところ、がいくつかあって、
どんなふうに流れたら心地よいのか考えながら。
あなたは大きすぎて、小さな私はなかなか全体を見ることができず
迷うことも多いのですがそういう時は、顔を上げて遠くを見てみたりします。
そうすると森の木々が美しくて、思わずしばらく手を止めて見入ってしまいます。


もうすぐ、森の中に小さな小屋を建てるつもりです。
あなたが苦しくならないように、汚れてしまわないように
できれば動物の住処のように、
最後には朽ちて森の一部になってしまうようなもの、になるには
どんな材料で建てたら良いか、と考え出したらきりがなくて
今はあちこち材料集めの段階ですが、それをとても楽しんでいます。
今日は、そういうわけで羊たちに会いに行きました。
きっと気に入ってもらえると思います。
知恵を、ありがとうございます。

また、次の新月に。

お問い合わせ

                       
農園や働く馬についての事、馬耕・馬搬ワークショップなどの出張依頼、取材依頼など、
お気軽にお問合せください。
「いつか馬と暮らしたい」「馬耕や馬搬がしてみたい」といった方への研修や体験の受け入れもしています。
こちらからご相談ください。