【草帽子編みワークショップ】



草を編む、暮らしの道具。
稲わらがとれたら、麦わらがとれたら。
百姓の手仕事として毎年道具を
作っています。
今年は麦を育てていないのですが、
思いついて馬たちの牧草をもらって
編んでみたら美しい帽子になりました。

【草帽子編みワークショップ】
身近な草を身に纏ってみませんか。
馬たちが食べ残した牧草を刈って
処理したもので帽子を編みます。
はじめの作り方を一緒にやって、
材料をお渡ししたら、
あとはご自分のペースで、
おうちで、またはここで一緒にお茶飲んだりしながら少しずつ進めましょう。
根気のいる作業ですが、
淡々と手を動かし続ければ必ずできます。
軽くて涼しい帽子は、
日常用にも作業用にも。

1回目日程 9月16日午前中(金)10時〜
     9月30日午前中(金)10時〜 
     10月14日午前中(金)10時〜  
     10月15日午後(土)14時〜
※時間、曜日ご相談ください

2回目以降は、それぞれのペースで
相談の上決めましょう。
料金:9,000円
   (材料・道具・お茶、含む)

お申し込み方法:お問い合わせページより
ご希望の日程を書いてご連絡ください。

ゆったりと草を食む馬たちを眺めながら
手仕事の時間をご一緒しましょうー。

お問い合わせ

                       
農園や働く馬についての事、馬耕・馬搬ワークショップなどの出張依頼、取材依頼など、
お気軽にお問合せください。
「いつか馬と暮らしたい」「馬耕や馬搬がしてみたい」といった方への研修や体験の受け入れもしています。
こちらからご相談ください。